バイオリンピアノ

🎼夏の宴 スペシャルコンサート&薬膳フレンチ料理🍴

公演日時

2018年7月28日(土) 12:00クラシック音楽の調べにフレンチ料理を添えてお迎えします。

出演者




バイオリン漆原直美 ピアノ斎藤龍 料理 難波秀行

・会場 レストラン・ペタルドゥサクラ 横浜市泉区弥生台5-2

        アクセス 相鉄いずみ野線弥生台駅隣接  TEL045-443-5876

日時 2018年7月28日(土)

・コンサート開演  12:00 (開場11:45)バイオリン、ピアノ二重奏

 

・お食事開始   13:00「さくら薬膳フレンチスペシャルコース」     (限定20席)

 

・チケット代   13,000円(税込) お食事とコンサート込み

※お申し込みお問合せは、当ホームぺージお申し込み欄、

又は次の電話番号まで045-373-3887 株式会社アニメイト

 

 

 

ごあいさつ ペタル・ドゥ・サクラ シェフ難波秀行

このたび、バイオリン漆原直美さん、ピアノ斎藤龍さんのお二人が快くこの企画をお引き受けくださいました。          お二人とも地元横浜生まれの世界的な演奏家です。二人をお迎えして初めての本格的フレンチ料理と本物のクラッシクコンサートのコラボレーションが実現しました。漆原直美さんは、伝説的バイオリニスト江藤俊哉ヴァイオリンコンクール3位入賞、海外でもその実力を高く評価され、日本ではソロ活動の傍ら「こぶくろ」などのアーティストのライブツアーに参加されています。ピアニストの斎藤龍さんは権威あるピアノコンクール「ブラームス国際コンクール」3位入賞の実力を持つ世界的なピアニストで、ソロ活動と共に大学で後進の指導をされています。素敵な音色に本場フランスで修行したフレンチ料理を添えてお届けいたしますのでご堪能下さい。どの食材も私自身が地元の生産農家さんにお伺いし、そして「自然」と対話しながら収穫してきたものばかりです。

 

バイオリン 漆原直美

サンフランシスコ交響楽団ユース・オーケストラに入団、同団の欧州演奏旅行に参加。東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程を修了。第6回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第3位、東京交響楽団と共演。オーケストラとの共演や東京文化会館でのリサイタルなどのソロ活動の傍ら、コブクロなどのアーティストのライブツアーやレコーディングに参加するなど、様々なジャンルで活躍している。今年3月にオリジナル2曲を含む初のソロアルバム「Dear」をリリース。

 

ピアノ斎藤龍   

東京藝術大学を経て同大学大学院修士課程、チューリッヒ芸術大学大学院コンサートディプロム課程及び同ソリストディプロム課程修了。ブラームス国際コンクールをはじめ受賞多数。ソリストとして国内外でオーケストラと共演、リサイタルを開く他、室内楽奏者、伴奏者としても精力的に演奏活動をしている。現在、演奏活動の傍ら東京藝術大学、沖縄県立芸術大学、洗足学園音楽大学講師として後進の指導にもあたっている。2013年アルバム「Ryu Plays Schumann, Schumann, Brahms (FLCP21023)」をリリース (レコード芸術準特選盤)。

 

 

 

難波 秀行(なんばひでゆき)(元ミクニヨコハマ料理長兼支配人)
レストラン「ペタルドゥサクラ」オーナーシェフ

1974年岡山県津山市生まれ18歳から広島、東京で修業。
2001年渡仏、一時帰国し「ラ・ロシェル南青山」の石井シェフに師事し、再び渡仏。ブルターニュ地方の2つ星、パリの1つ星、3つ星で部門シェフ等を務め2009年帰国、三國清三シェフに出会い「ミクニヨコハマ」の支配人兼料理長を任され4年間務める。2014年12月横浜市泉区弥生台駅前にオーナーシェフとして「レストラン ペタル ドゥ サクラ」をオープン「濱の料理人」のメンバーであり、食品開発のプロデュースや講演・料理教室等で食育・薬膳の活動も行う。

 

 

概要/プログラム

 

(コンサートプログラム)

演奏 🎻 漆原直美 🎹 斎藤龍

曲目 Fクライスラー アレグロ-ブニャーニの様式による-3つの古きウィーン風舞曲より‟美しきロスマリン” ‟愛の喜び” Gガーシュイン/J.ハイフェッツ編 歌劇「ポギーとベス」より”It Aint Necessarily So”

 

 

お料理🍴難波秀行

(お食事 薬膳フレンチ料理 内容)

1.オードブル2.季節の野菜のスープ3.地元食材のココット4.お肉料理

5.地元果実を使ったデザート6.お飲み物※ワンドリンク付

 

 

 

  • 主催 レストランぺタルドサクラ オーナーシェフ難波秀行
  • ぺタルドサクラ公認サポーター 古川なおき
  • 企画/協賛 横浜ノアスコンサートサロン

 

ピアノ公開試演会

斎藤龍プロデュース Yokohama 大人のPODIUM

公演日時

2018年 9月1日(土曜) 13時30分~     横濱ノアスコンアートサロン 無料

出演者

2018斎藤龍プロデュース 第1回 大人のポディウム(公開試演会)予定

演奏者 斎藤龍門下生

演奏日程

9月1日(日)13時30分予定~          横濱ノアスコンサートサロン

※公演予定は変更することがありますのでホームページでご確認ください。

 

Podium という公開の試演会

スイス留学中に私の在籍していた大学では、Podium ポディウム(独:舞台)という名の公開の 試演会がありました。人前で演奏する勉強のためのものです。

他のドイツ語圏の音楽大学で言うKlassenstunde (直訳するとクラス授業、クラスの時間)やVorspiel (人前で演奏すること)というものと同じです。

音楽を学ぶ者が経験を積む場ですから勿論聴くのは無料でしたし、聴衆は恩師をはじめ同じ門下の友人や学校の仲間たち、出演者の身内、近所のおじちゃんおばちゃんの方など様々で、その時間に気が向けば誰でもが聴きに来られる開かれたものでした。

幸いなことに私の恩師は毎週のようにPodiumを企画開催し、希望すればいつでも参加できたのです。無謀にも私は出来るだけこのPodium に参加し、人前に出る恐怖に慣れ (無くなりはしませんが!) ハイペースで曲を仕上げる方法を学びました。それは当時の私にとってこれ以上ない貴重な体験でした。 人前という緊張感の中で自分が思うように表現することはとても難しいことです。良くも 悪くも人前でしか体験できない「何か」を掴むためには人前に出るしかないのです。 いつしか自分も教えられる側から伝える側へと転じ、自身が受けた恩を若い人にも還元する年齢となったようで、学生から「試演会をやってほしい、本番前に人前で演奏できる 環境がほしい。」と最近要望が出たのをきっかけに、せっかくなら学内だけでなく色々な 方に聞いてもらえたら良いのでは?と考えこの企画を立ち上げることにしました。 当面は東京藝大ピアノ科の学生でやりますが、もしかすると今後受験生や大人の趣味の枠も作るかもしれません。

Podiumを成り立たせるには次の2つ条件が必要です。

1.出演者の心得

・出演者は一生懸命に練習して人前で聴かせられるレベルにしようと努力し、真摯に演奏すること。

2.お客様へのお願い

・聴いてくださるお客様が不可欠です!無料で好きなだけ聴いて下さい!

・ただしコンサートではありません。あくまで人前で弾く舞台慣れのための試演会ですのでまだ発展途上かもしれませんが聴 いていただければありがたく思います。

・演奏者間の出入りは自由です。途中からでも途中で切り上げても一向に構いません。 ただし演奏の途中での出入りは禁止します。一人の演奏者が複数曲演奏する場合は、曲間 も含めて一つのステージだと考えておりますのでどうぞご配慮くださいますようお願いい たします。

出来る限り継続してこの会を持ちたいと思いますので皆様のご支援をよろしくお願いいた します。 最後になりましたがこの会の趣旨にご賛同、多大なご協力を頂きましたノアス横浜コンサー トサロン様には心より感謝申し上げます。

音楽が日常的な文化として根付き、常に近くにあり、誰にとっても素敵で開かれたもので あって欲しいと願って。

                                 斎藤龍


(斎藤龍プロフィール)

1981年生まれ。3歳でピアノをはじめる。神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒業後、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ科を同声会賞、日本ピアノ調律師協会賞を得て卒業、同大学大学院修士課程修了。チューリッヒ芸術大学大学院コンサートディプロム Konzert Diplomを最優秀で修了し、同大学大学院ソリストディプロム Solisten Diplom修了。 第16回ブラームス国際コンクール第3位及び審査員特別賞をはじめ受賞多数。友愛ドイツ歌曲コンクール最優秀共演者賞。これまでにソリストとして神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、横浜フィルハーモニー交響楽団、オンディーヌ室内管弦楽団、横浜市立大学管弦楽団、市川交響楽団、アンサンブルフィガロ、横浜シティフィルハーモニック、ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカー、ユンゲフィルハーモニーザルツブルク、チューリッヒ芸術大学オーケストラと共演。 首都圏やヨーロッパでのリサイタルをはじめ、国内外の様々な音楽祭やコンサートにソロや室内楽で出演、演奏活動を精力的にしている。ドイツ音楽、特にベートーヴェンやブラームスには定評があり、2011年から13年にかけてベートーヴェン・ピアノソナタ全曲プロジェクトを挙行。2014年には日本ベートーヴェンクライス主催コンサートに於いて師である迫昭嘉氏とピアノ2台による「第九」(リスト編)で共演、2016年にも再演し好評を博す。また現在、新進気鋭のヴァイオリニスト滝千春氏とベートーヴェンヴァイオリンソナタ全曲シリーズを進行中。ピアノを深谷直仁、杉浦日出男、平尾はるな、加藤美緒子、加藤一郎、小林仁、迫昭嘉、ハンスユルク・シュトゥループの各氏に、合奏及び室内楽を北川暁子、渡辺健二、辛島輝治、漆原啓子、コンラート・リヒター、ウルリッヒ・ コエッラの各氏に師事。現在ソリスト、室内楽奏者、伴奏者としての演奏活動の傍ら、様々なコンクール審査や東京藝術大学、沖縄県立芸術大学、洗足学園音楽大学において後進の指導にもあたっている。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、日本ベートーヴェンクライス会員、横浜音楽文化協会会員。2013年アルバム「Ryu Plays Schumann, Schumann, Brahms(FLCP21023)をリリース。(レコード芸術準特選盤)。

オペラ・アリア声楽

🎼中川美智子 メゾソプラノコンサート ♬

公演日時

2018年10月21日(日)開演14:00~会場開場13:30 当サロン 50名 チケット2,000円 

出演者

どんな宝石も光がなければ輝かない… 新たな光に出会い更なる輝きを得た中川美智子さんの歌声をお聴きください。

                                                           歌 中川美智子                             

 ≪Program≫ 

1.歌劇「こうもり」より “私はお客を招くのが好きだ”   J.シュトラウス

2.歌劇「カプレーティとモンテッキ」より“ロメオが汝の息子を殺したとしても” ベッリーニ

3.笑いと涙               シューベルト

4.魔王                 シューベルト

5.歌劇「セミラーミデ」より “ああ、この日のことを忘れない”   ロッシーニ

6.甲斐なきセレナーデ           ブラームス

7.歌劇「ラ チェネレントラ」より “悲しみと涙のうちに生まれ”     ロッシーニ

8.歌劇「カルメン」より “セギディーリャ”            ビゼー

9.我が母の教え給いし歌       メンデルスゾーン

10.歌劇「カヴァレリア ルスティカーナ」より “ママも知るとおり”         マスカーニ

11.万霊節               R.シュトラウス

12.歌劇「アドリアーナ ルクヴルール」より “苦い喜び、甘い責め苦”         チレア


 

 

   歌 中川美智子Mezzosoprano

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。幼少の頃からクラシックバレエ、 オーケストラ等に親しみ、高校入学後に声楽を始める。東京芸術大学 卒業生演奏会、他出演。「エルンスト・ヘフリガー、クリスマスを歌う」 に於いて、小林道夫氏伴奏のもとアルトソリストとして出演。94~ 97 年ドイツ・ケルン「ベルギッシェス・ゲザングス・インスティト ゥート」にてギゼラ・アウルマン女史に師事し各地で演奏会に出演。 国内では八尋恵美子、須賀靖和、伊藤亘行、伊原直子、宗像成弥の各 氏に師事。

ピアニスト 土屋麻美(つちや まみ)     桐朋女子高等学校音楽科、同大学音楽学部ピアノ科を卒業。ピアノを中島和彦、 狩野美紀子、ルドルフ・マイスター、声楽伴奏法を小谷彩子(ボローニャ歌劇場 研修所コレペティトール)の各氏に師事。 声楽、室内楽の伴奏者として様々なコンサートに出演する他、オペラの音楽 スタッフとして活動。またテノール本田武久のCD「今日、明日、また明日」などの 録音に参加。 ソリストとして、1997年ドイツのゴスラーにてヒルデスハイム市立歌劇場 管弦楽団とモーツァルトの協奏曲25番を共演、「真珠のような音」と批評された。 2000年ゲルハルト・ボッセ指揮、相模原室内合奏団とモーツァルトのピアノ協奏曲 26番「戴冠式」を共演。





このページのTOPへ