木管五重奏とピアノ

【終了】 さまざまな音色が織りなすハーモニー

公演日時

2019年4月20日 14:00開演 開場13:30

出演者

Musical Kaleidoscope

木管五重奏とピアノによる

全席自由 一般 3500円  学生2000円

日時 2019年 4月20日 開場13:30  開演14:00

会場 横浜ノアスコンサートサロン 横浜市西区南幸2-18-7 3F


【出演】 フルート 保坂真弓  オーボエ 桃原健一  クラリネット 田中伊知子

     ファゴット 石井 淳  ♠ホルン 東谷慶太  ピアノ シューベルト明美

《プログラム》

1.ニールセン 木管五重奏曲

2.ラヴェル クーフプランノ墓

3.シューマン ピアノ五重奏より(6重奏バージョン)

4.プーランク 六重奏曲

※プログラムは変更になることがあります

 

 

 


出演者プロフィール

フルート 保坂真弓

大阪教育大学特設音楽過程フルート専攻卒業、同大学専攻科終了。ヤマハ管楽器新人演奏会、奈良県新人演奏会に出演。1990年からソリストとしてリサイタルやエウフォニカ管弦楽団、京都バッハゾリステンなどのオーケストラに協奏曲のソリストとして出演、まほろばフルートオーケストラではコンサートミストレスを務める。現在は東京を拠点にオーケストラ・室内楽・ソロなどで幅広く活動し後進の指導も行ってる。。ハープ石井理子氏とデュオを収めたCD「Duet]をリリース。アンジェミュージック企画部。

オーボエ 桃原健一

横浜翠嵐高校卒業。東京芸術大学卒業。現在は、主にオーケストラ、室内楽で活動を行っている。バロックから現代まで取り組んでいいて、編成も様々で、語りや落語との共演、最近はポップスバンドにも参加。2016年には東方神起メンバー、キム・ジュンスクスのコンサートツアーに同行)し活動の幅を広げている。オーボエを齋藤湧二、似鳥健彦、小島葉子、小畑善昭、藤木聡、室内楽を海鋒正毅、中川良平の各氏に師事。また、フィンランドのクフモ室内音楽祭ミュージックコースに参加し研鑽を積んでいる。ジャン・ル・トワーズ横浜、東京奏楽舎、古楽アンサンブルincontorメンバー。戸塚区演奏家協会会員、横浜市市民広間演奏会会員。

クラリネット 田中伊知子

京都市立芸術大学卒。トリオアルモニーク、トリオアンジェリークによるコンサート、大倉山記念ホールでリサイタル、目黒パーシモンホールでの室内楽演奏会など多くのコンサートに出演。クラリネットのためのアレンジも多く手掛ける。メルボルン、ニューヨーク滞在中での音楽活動を経て、現在は、だれでも気軽に楽しめるコンサートの企画をする音楽家グループ「アンジェミュジーク」の代表を務める。中目黒での「めぐろよりみちコンサート」をはじめ、音楽家とともに切磋琢磨し、身近な方に音楽を楽しんでもらえる演奏会を開催中。「音楽と暮らす」というテーマは、多くの人に届きさらなる活動の場を広げている。

ファゴット 石井淳

洗足音楽大学を卒業後、北西ドイツ・デトモルト国立音楽大学に留学中に、デトモルト室内合奏団、ドイツ・バッハ・ゾリスデンのメンバーとして、コンサートFM放送の録音などで活躍。帰国後も、ソロ、オーケストラ、協奏曲のソリストとして多くの演奏会で好評を博す。ファゴットを、故西川隆、岡崎耕治、ヘルマン・ユンクの各氏に師事。室内楽をヨースト・ミヒャエルス、ヘルムト・ビンシャーマンに師事。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ファゴット奏者。洗足学園音楽大学及び大学院講師。CDソロアルバム(ハールストン/ファゴットソナタ)NM-1119をマイスターミュージックよりリリース。日本ファゴット協会会員。

ホルン 東谷慶太

市立清風南海高校卒業、。和歌山大学教育学部卒、大阪教育大専攻科修了。在学中にホルンを西田末勝に師事。大阪教育大専攻科修了後プロとしてソロ活動をしている。交響楽団に客演としての参加の他、ミュージカル、ブラスアンサンブル室内でソロ活動中。又、指揮者としての活動の一方、スタジオミュージシャンとして、USEN、宝塚歌劇、CD制作、テレビCM等の録音に従事。各地の吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストなどの審査委員を務め後進の指導に当たっている。現在、クラシックのほか、クロスオーバーホルン奏者として、POP CORN PROJECTと銘打ってFUSSION、JAZZ、POPS、BOSA  NOVA等のユニットを結成し活動を行っている。

ピアノ シューベルト明美

横浜翠嵐高校卒業。武蔵野音楽大学ピアノ科卒。メルボルン在住。オーケストラアンサンブル金沢の室内楽にシリーズに多数出演。Ensemblinxのメンバーとしてリサイタルやスタジオライブ等で活躍中。現代音楽の国際的作曲家 Julian YuのMozartⅰanaの初演を務めCD録音を行い、2013年には、上海国際音楽祭で同氏の作品を初演。これまでに夫であるクラリネット奏者Roberto Schbert氏を始め、多数の国際的なクラリネット奏者と共演し好評を得ている。2017年来日し室内音楽コンサートに出演する。アンジェミュージックの田中伊知子氏と共に演奏し、2018年にはTorio Varieで来日、めぐろパーシモンホール演奏しいずれも聴衆を魅了した。

このページのTOPへ