クラッシックコンサート

【終了】 ♪音楽玉手箱スペシャル♪ フルート&ピアノコンサート

公演日時

2019年3月24日(日) 開演14:00 開場13:30 会場 横浜ノアスコンサートサロン(当サロンアクセス参照)

出演者

音楽の架け橋・クロアチア編~

   ρ ピアノ ミア・エレゾヴィッチ                               ƒ フルート  槇本 吉雄

                  

 

 

2019年3月24日(日)                   14:00開演 13:30開場 全席自由 3,500円

♫チケット・お問合せ

  uruppo_umo@i.softbank.jp (Music Party)

  info@makimoto-flute.com (ラルゴ)

  横浜ノアスコンサートサロン このホームページ申し込みをクリック

 

 会場 横浜ノアスコンサートサロン(当サロン)

《program》

1. W.A.Mozart : Sonate G-Dur K.301

  W.A.モーツァルト:ソナタ ト長調K301

2. F.v.Suppe : Il primo amore

  F.v.ズッペ:至上の愛

3. Shinichi Takada : Five Lyrics for flute and piano

  高田信一:フルートの爲の五つの抒情詩

4. G.Enesco : Cantabile and Presto

  G.エネスコ:カンタービレとプレスト

5. C.Chaminade : Sérénade aux étoiles

  C.シャミナード:星のセレナーデ

6. D.Pejačević :From ‟The Life of Flowers Op.19”(Piano Solo)

  D.ぺヤチェヴィッチ:花の命Op.19より(ピアノソロ)

7. Kosaku Yamada  :Variations on a theme‟This Road”

  山田耕筰:「この道」を主題とする変奏曲

8. K.Odak : Sonata Op.41

  K.オダク:ソナタOp.41

※曲目は予告なく変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


◆ 主催:Music Party

◆ 後援:クロアチア共和国大使館

       :一般社団法人 日本フルート協会


 

演奏者のプロフィール

槇本 吉雄(フルート)Yoshio Makimoto (flute)

北海道に生まれる。1969年国立音楽大学に入学、翌年東京文化会館オーディションに合格。1973年同大学を卒業、翌74年NHK洋楽オーディションに合格。1977年よりこれまで、数多くのリサイタルを開催。NHK・FM「午後のリサイタル」に度々出演しその他内外の様々な演奏家とのコンサートも行う。東京サントリーホール等でフルート協奏曲「海の嵐」(ヴィヴァルディ)、「管弦楽組曲第2番ロ短調」(バッハ)、「フルートとハープの為の協奏曲」(モーツァルト)、⾧生淳作曲、委嘱作品「ミゼレーレ」の初演等、度々コンチェルトを演奏。2006年、ニューヨークのカーネギーホール(リサイタルホール)にて邦人とアメリカ人のフルートの為の作品を演奏。⾧きに亘り東京吹奏楽団のフルート奏者を務め2010年から2013年度まで楽団⾧も兼務する。自らが企画する数多くのコンサートも行い、演奏活動は多岐にわたっている。CD「ロマン派から世紀末を越えて」を2015年6月にリリース。ギタリスト尾尻雅弘氏との共演CDは2016年12月の「・・・そして、海へ」に続いて、2018年5月に第2弾となる『マウンテン・ソングス』をリリース。「マウンテン・ソングス」の全曲録音は本邦初となる。松原悠久、故高橋安治、湯川和雄各氏に師事。アンドレ・ジョネ、マルセル・モイーズ各講習会受講。

一般社団法人日本フルート協会常任理事。


ミア・エレゾヴィッチ(ピアノ) Mia Elezović (piano)

ザグレブに生まれる。ザグレブ音楽学校、ザグレブ・ミュージック・アカデミーを経てウィーン音楽大学に学ぶ。H.ペーターマンデル、H.ザイデルに師事。S.コヴァセヴィッチ、E.P.アクセンフェルト、中村紘子などのマスタークラスで研鑽を重ねる。1991年クロアチア-日本ピアノコンクール優勝、1992年モンカリエーリコンクール優勝など国内外でのコンクール受賞歴も華々しい。ヨーロッパ各国、日本、アメリカ合衆国など世界各地でソロリサイタル、室内楽コンサートに出演。ソリストとして、クロアチア放送響、ザグレブ・フィル、クロアチア室内管、ガウデアムス弦楽合奏団、指揮者では大野和士、ズラタン・スルジッチなどと共演。ラジオ/テレビ放送への出演、浜松国際ピアノアカデミーやシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭など音楽祭への参加も多い。2004年春より10ヶ月間、日本政府の招きで昭和音楽大学にて日本の現代ピアノ音楽を研究、2005 年4月より京都芸術大学、東京のブリティッシュスクールにて教鞭をとった。2006年、マドリードのスペイン国立現代音楽アンサンブルのピアノソリストとして招かれる。2007 年 N.Y.へ移り、マンハッタン音楽学校にて現代音楽演奏の更なる研鑽を深め、同校伴奏助手を務め、また他音楽学校にて教鞭もとる。2016年からオシイェク大学 芸術アカデミー ピアノ・室内楽学科 准教授を務める。

 

 

このページのTOPへ